ドッグフードの選び方について

ドッグフードには、最近では、さまざまな商品が販売されています。

 

しかし、大切なペットに与えるのだから、できるだけ安全性の高いものを選びたい、という方がほとんどだと思います。

 

ドッグフードの正しい選び方ですが、まずは総合栄養食としてのドッグフードを選ぶべきであるといえるでしょう。

 

ドッグフードには、間食的なものなどもありますし、またサプリメント的なものもあります。

 

しかし、まずは総合的に栄養バランスのとれたドッグフードを選ぶとよいでしょう。

 

また、ドッグフードの中にも、最近では、アメリカなどの外国で製造されている、海外製のものもたくさん販売されています。

 

海外製のドッグフードはなんとなく栄養が豊富そうに見えたり、健康に良さそうに見えて惹かれてしまいがちですが、海外製のものは、日本製のものと比較すると、基準などが日本と異なるため、場合によっては安全といえないものもあります。

 

このため、より安全性を求めるというのであれば、日本製のドッグフードを選ぶほうが良いといえるでしょう。

 

ドッグフードには、さまざまなものがありますが、成分などを比較して、有害な成分などが含まれていないかということもチェックすることが必要です。

犬にもドッグフードの好みはある

 

人間と同じく、犬にも食の好みというものがあります。

 

ネットで評判のドッグフードであったからと言って、愛犬がそれを気に入るとは限りません。

 

人間が、自分の体にとって喜ばしいものを必ずしもおいしいと思えるわけではないように、犬の健康のために作られたドッグフードを、犬はおいしいと感じられないこともあります。

 

健康のため、愛犬に健康に良い食事をしてほしいという飼い主の気持ちは尊いものですが、それが良い方向に作用しない場合もあるので注意しましょう。

 

好きでもないものを強引に押し付けられることで、ストレスが溜まるのは犬も同じです。

 

愛犬が食事を拒否した時には、まずはさりげなく、それまで食べてきたフードに混ぜるということを考えてみましょう。

 

混ぜたら食べられるようなら、少しずつ混ぜる量を増やしていって、愛犬の舌にその味が慣れたところで、こっそりとすり替えてしまうという方法をとります。

 

混ぜてもそのドッグフードだけをきれいに残してしまうようなら、相当に味を苦手としているということなので、無理に食べさせるのはお勧めできません。

 

もっとそれまでのフードの味に似た、違うタイプの健康にいいドッグフードを探して、それを試してみるという手が有効です。